2019/04/21 03:46 JST

黒川正弘氏(S55工博卒)が小説を上梓

 黒川正弘氏(昭和55年工学部応用化学博士課程卒)が、ノンフィクション・ノベルを刊行

黒川正弘氏が、「これからの特許の話をしよう-奥様と私の特許講座-」(平成23年3月10日発行、発行所三和書籍)を発表してから更に、ノンフィクション・ノベルである「チャイニーズリング」を発表されました。

 日本と中国の巨大電気メーカとの間で繰り広げられる「特許戦争」を、テレビ業界を舞台に綴ったノンフィクション・ノベルです。日本の技術者と弁理士チームの知恵と知恵の戦いが読みどころです。

 中国の存在が徐々に黒々と大きくなってきている昨今、なんだか面白そうです。

 特許に関する知識や事情を、ストーリーを追いつつ自然に理解することができる展開になっています。

 目を引いたことの一つは、「研究者は自分で特許を書かなければ本当の研究に繋がらない。」との指摘事項です。